※ポインタを写真の上に置くと画像の解説を見る事が出来ます。(IEにて動作確認済み)



(5/7):長 野 〜 直江津 普通 妙高1号

安茂里 ->> 長野・北長野・三才・豊野・牟礼・古間・黒姫(ここまで長野支社管内)
(ここから新潟支社管内)妙高高原・関山・二本木->スイッチバック<-新井・北新井・脇野田・南高田・高田・春日山・直江津 ->>続く


”乗り得列車”として人気のある「普通 妙高号」ですが、これも北陸新幹線延伸に伴って廃止されるものと思われます。
このような国鉄型特急車両は、今後どんどん駆逐されていってしまうのでしょうか・・・
乗れるうちに乗っておかなきゃ、絶対後悔しそうです。



行き先幕。普通列車なのに愛称がついています。
階段から撮る。乗車位置札って旅情を感じさせるストラクチャですよね。 後姿
幕をあっぷ!
顔に雪がくっついて 北長野で雪に埋もれた211系(たしかモハ210-10)と並ぶ。
豊野を過ぎるといよいよ山岳区間に突入します。 雪山だー!凄いわ・・・
直江津に到着。2014年3月からは3社が乗り入れる駅へと変貌する。
クハ188-102。サハ481からの改造車だそうです。 運転台側に幕があるのが改造車の証。 長野の189と新潟の115が並ぶのも
新潟の485と長野の189が並ぶのも来春までなのかな

<収録日:14年01月02日(木曜日)>モハ188-33(長ナノN103編成)

再生する→→【MP3形式 320kbps Stereo Sound】【録音機材:OLYMPUS LS-100】



物語シリーズに出てくる「直江津高校」は、この地区に実在する直江津高校の事ではないという事をここに来て知りましたorz
ここから先は、日本海沿いを北上します!見える景色がガラリと変わったり、気候環境が異なるところを通過していくのも長距離路線の面白いところです。




HPのトップに戻る