ナハ32編成 209系0番台



<< ナハ32編成 209系0番台 走行音 >>
クハ209-68(川崎方先頭車) モハ209-135 モハ208-135 モハ209-136 モハ208-136 クハ208-68(立川方先頭車)
2014年3月現在、南武線で唯一の209系0番台です。
この編成は他線区で活躍している209系と違い、変調音が特徴的な物になっています。
一説には「導入当時、209系のMT比は2:3で設計されていたが、南武線ではMT比が2:1になってしまう事により加速度が上がってしまう事から、
MT比2:3時と同じ加速度になるように調整した結果、変調音が特徴的なものになった」ということだそうなのですが…
メカ的な事はあまり良くわかりませんorz
もし間違っていたらごめんなさい。



登戸駅にて発車待ち
〜南武線 各停〜(収録日:14年03月02日)モハ209-135・モハ208-135

武蔵中原(4:37発) 〜 登 戸(4:51着) →→再生【MP3形式】
登 戸(4:56発) 〜 川 崎(5:23着) →→再生【MP3形式】

前日の運用から録音当日の01F運用にナハ32が充当される確率が高い事が分かったので、朝早くに車を出して武蔵中原へと参りました。

往路の登戸行きに関してはほぼ無雑音で録音できました。
独特のインバーター音が十二分にお楽しみ頂けるかと思います。

川崎駅にて
209系独特の横顔
復路の川崎行きに関しては終点に近付くにつれて乗車率が高くなっていきます。
登戸発車直後、雨合羽を着た乗客が近くへやってきたのでそれを脱いで畳む音を拾ってしまっています。
それが気になる以外は話声等も特に拾っている個所はないので聴きやすい作品に仕上がっているのではないかと思います。

停車駅:登戸・宿河原(しゅくがわら)・久地(くじ)・津田山・武蔵溝ノ口・武蔵新城(むさししんじょう)・武蔵中原・武蔵小杉・向河原(むかいがわら)・平間・鹿島田・矢向・尻手(しって)・川崎
川崎駅にて 定番の「ハヤクナイ?」と絡めて撮ってみた



編成選択画面に戻る