信州地区のエース(?)であるE127系の走行音をまとめてみました。

〜篠ノ井・信越線 普通列車 1221M〜(収録日:14年01月02日)クモハE127-101(長モトA1編成)
まさかのトップナンバー
松 本(6:18発) 〜 長 野(7:28着) →→再生する【MP3形式 16bit 320kbps stereo sound】

停車駅:田沢・明科・西条・坂北・聖高原・冠着・姨捨・稲荷山・篠ノ井・今井・川中島・安茂里

松本から長野へ向かう一番列車での録音です。

運用表で調べてみるとどうやらE127系が来るらしいという事がわかり、以前からE127系で録音をしてみたいと思っていたので非常に好都合でした。。

やってきたのは4両編成 長野行き
ホームで待っていると4両編成の列車が静かに入線してきました。
モーター車は新宿方の車両にあるようなので、一番無難そうな車掌室前にポジションを取り録音開始!
雪が積もり辺り一面が銀色の中、朝一番に走る列車なので、空転しながら山を登っていく様子がお楽しみ頂けるかと思います。
途中、姨捨でのスイッチバックの様子もノーカットで録音してありますので、こちらも聴きどころです。(わざわざ運転台を移動しないとは…)
途中、篠ノ井から話声を拾っている個所があります。
この車で録音 姨捨付近を走行中。辺り一面銀色 長野駅で115系とならぶ
JR車らしからぬ音を奏でるE127系の走行音をお楽しみください。



〜大糸線 快速列車 5352M〜(収録日:15年08月28日)録音車両:クモハE127-109<長モトA9編成>
ワンマン快速

信州のE127系と言えば、やはり大糸線を走るイメージが自分の中では根強いのです。
沿線の海ノ口駅へは何度も行った事があるのに(分かる人には分かる理由で)、大糸線にきちんと乗車したことが無かったので乗りに行く事にしました。
昼過ぎに仕事を終わらせて、そのまま高速道路をひた走り信濃大町駅へ。
南小谷からの上り最終となる快速列車に乗車する為、20:14発の南小谷行終前に乗り込みます。
一応レコーダーも回しては居たのですが・・・どうやらこの便は学生輸送便らしく、部活帰りの賑やかな学生達の談笑を終始拾ってしまいボツorz
列車に乗っていた半分は白馬、もう半分は南小谷で降りると言った感じでしたので、夜間の下りの大町以北での録音はかなり厳しいなと感じた次第です。

では、本番の上り最終はどうだったのかというと…
まず、接続を受ける糸魚川からの上り最終に乗っていたおおよそ3名の乗客が全員こちらに乗り換えてきます。
どうなることやらと思いましたが、どうやら個別客のようで一安心。
そして、糸魚川方面から来た旅客以外は旅客が現れずに南小谷駅を発車。
その後ゆっくりとジョイント音を響かせながら進んでいきます。
白馬駅で乗車があったものの、特に問題なく信濃大町へ到着。
なんとか収穫があって良かったですorz
(欲を言えば、下り方面走行時にはあった仁科三湖に関する観光放送を流してほしかった...)
信濃大町駅の歓迎看板と共に撮影 種別と行き先が交互に出るようです いつも大町には本当にお世話になっています(心の支え的な意味で

南小谷(21:28発) 〜 信濃大町(22:19着) →→再生する【MP3形式 16bit 320kbps stereo sound】

停車駅:(千国)(白馬大池)信濃森上・白 馬(飯森)神城(南神城)簗場(海ノ口)(稲尾)信濃木崎(北大町) ※()内は通過駅


〜大糸線 普通列車 3220M〜(収録日:17年01月03日)録音車両:クモハE127-106<長モトA6編成>
大糸線、上り一番列車

前回、南小谷からの快速列車を録音した際に松本までの普通の録音をして大糸南線の全区間走行音を・・・と考えていたのですが、大分間が開いてしまいました。
その間にE127系においても制御機器更新工事が施され始めたので、チャンスは今冬が最後かなと思い、スーパーあずさ33号録音のついでに大町まで足を伸ばします。
3220Mは4両編成
大町ステーションホテルというビジネスホテルがあるらしいとグーグル先生に教えてもらったので、3255M(大糸線下り最終)に乗り込んで前日に大町に入ったのですが、
ホテルの入口まで行くと「当館は当面の間営業を休止いたします」という張り紙が・・・orz

これはまずいということで、一駅手前の南大町駅そばにあるカラオケボックスに向かうのですが、こちらも帰省されている方の同窓会で満室…orz

極寒の中で一晩を明かすことになりました…
] 今回お世話になった車両

約4時間半寒さをしのいで、駅の玄関が開く時間に合わせて信濃大町駅へ戻ります。
温かい列車の車内に入り、レコーダーをセットして発車を待っていたのですが、いつの間にか寝こけていたようで気付いたら松本駅でした。。
あとで聴き直してみると事前に調べた通りの素晴らしい環境で録音できていたようで、寒さを凌いだ甲斐があったなと感じた今回の録音でした。
折返しは篠ノ井線の有明行きになるようです。

信濃大町(5:32発) 〜 松 本(6:26着) →→再生する【MP3形式 16bit 320kbps stereo sound】

停車駅:南大町・信濃常盤・安曇沓掛(あずみくつかけ)・信濃松川・北細野・細 野・安曇追分・有 明・穂 高・柏矢町(はくやちょう)・豊 科・南豊科・中萱(なかがや)・一日市場(ひといちば)・梓 橋・島高松・島 内・北松本



Project Shinanoji メニュー画面に戻る