<<Sound Gallery>>


バスの音を取り扱っています。 >
		</center>
	<!-- /タイトル画像 -->

<div style= ※お聴きになる前にご注意ください!

1.ネットワークエラーで再生できなかった場合は、お手数ですが一度ファイルをPC上にダウンロードして頂きますよう、ご協力をお願い致します。
2.サーバーの都合上、ダウンロード速度が極端に遅い場合がありますがご了承ください。
3.今後のあなたの人生の為にも、再生する際は音量に十分にご注意ください。
万が一の事が有った場合でも当方は一切の責任を負いかねますのでご承知おきください。

以上の事を踏まえまして、展示してある走行音をお楽しみください。





上成木にて。ゲームの舞台にもなった路線でしたね。

都営バス 梅76甲系統(早稲田営業所青梅支所)


1.青梅駅前〜(北小曾木経由)〜上成木
2.上成木〜青梅駅(北小曾木経由せず)
車種:W-L639(日野レインボーHR:KL-HR1JNEE)
→→
スカイドライブへ飛びます。上が往路、下が復路の走行音です。
都バスをよく知る方なら一度は耳にした事のあるであろう「梅70系統」を乗りに行った際に録音した物です。
最終の上り梅70が発車するまでの間に、少し時間をつぶそうと思い来たバスに乗り込んだら・・・
なんと都バス最高峰のバス停行きのバスだったようです。

青梅駅を発車したバスは、東青梅駅・河辺駅を経由して青梅の山奥へと進路を変えてゆきます。
流れゆく車窓へ目を向けると、
「ここは本当に都バスが走るところなの!?」
と疑いたくなるような風景が。。
途中、「柳川(やながわ)」というバス停から先はフリー乗降区間となります。
(ここまで来ると本当に田舎の在来バスのようだ・・・)
北小曾木まで山登りをするとUターンして少し山を下り、坂下から成木街道を山登りします。(27:20くらいが北小曾木)
常に3速でエンジンを回しながらぐんぐん山を登っていくと、終点の上成木バス停へと到着します。
途中2・3人乗っていた気がしましたが、結局終点まで乗っていたのは、私一人だけでした…
ウインカーの音もクリアに聞こえるほど良い環境で録音できた”モヤシ”の走行音を是非お聴き下さい。(往復約90分です。)


相鉄バス 旭28系統(旭営業所)


三ツ境駅〜ニュータウン南瀬谷
車種:2166(いすゞエルガ:KL-LV280L1改)


相模鉄道自動車部(現:相鉄バス)が初めていすゞ純正ボディを使用したノンステップ車で、ノンステ車唯一の幕車である2166号車で録音を行いました。
この日は生憎の天候で交通状況もあまり宜しくなかったのですが、ドロドロしたV8エンジンの音をお楽しみ頂ければと思います。
相鉄バス初のエルガボディ車もいつまで生き残れるか…
今はもう見られない都営バスのCNGキュービック

都営バス 木11系統(深川営業所)


東陽町駅〜新木場駅〜若洲キャンプ場
車種:S-E359/360(いすゞキュービック:NE-LV288L)


この古めかしい幕車が走っているこの路線がずっと気になっており、時間が出来たので録音する事にしました。
そして東陽町駅で待っていたら来た車がこのCNGキュービックでした。
凄く独特な音のするエンジンでしたね…初めて聴きました。
新木場駅からは若洲キャンプ場行きのCNGキュービックに乗り換えて録音を続行。

この録音を終えた少し後に引退してしまったので、録音しておいて正解でした…

神奈中バス 116系統(中山営業所)


三ツ境駅〜近隣公園経由〜若葉台中央
車種:や0152(三菱ふそうエアロスター:KL-MP35JM)


数年前までは3社局(横浜市交通局・神奈川中央交通・相模鉄道)で運行していた系統ですが、市営が撤退し現在は2社のみによる運行となっています。
ですが、市営が絡んでいた名残として系統番号が数字のみのまま残されています。

沿線には緑が多く残っており、横浜市内とは思えない山岳風景を楽しむことのできる路線です。
かなちゅうと言えばふそう
日野ブルーリボンUのラッピング車

都営バス 虹01系統(品川営業所港南支所)


浜松町BT〜=レインボーブリッジ=〜テレコムセンター駅
車種:Y-R540(日野ブルーリボンU:PKG-KV234L2)


レインボーブリッジを渡る唯一の在来路線バスとして有名だった虹01系統が廃止されると聞いて、廃止直前に録音しました。
浜松町BTに着いたのが夜遅かったので国際展示場行きは終わっており、テレコムセンター駅行きの虹01系統に乗り込むことにしました。
「これよりレインボーブリッジを渡ります…」
この放送も波01入出庫系統以外の都営バスでは聴けなくなってしまいました。

神奈中バス 115系統(中山営業所)


若葉台中央〜地区公園経由〜鶴ヶ峰駅
車種:や0102(いすゞキュービック:KL-LV280L1 富士重工新7Eボディ架装)


数年前までは2社局(横浜市交通局・神奈川中央交通)で運行していた系統ですが、市営が撤退し現在は神奈中のみによる運行となっています。
ですが、市営が絡んでいた名残として系統番号が数字のみのまま残されています。

116系統と同じく沿線には緑が多く残っており、横浜市内とは思えない山岳風景を楽しむことのできる路線です。
運転士さんの味のある喋りにも注目です!
神奈中では珍しい富士重新7E
品97から杉並が撤退しているので、この光景はもう見られない

都営バス 品97系統(小滝橋営業所杉並支所)


新宿駅西口〜新宿駅東口〜信濃町駅前〜品川駅前(現:品川駅港南口)
車種:D-N320(日野ブルーリボンU:PJ-KV234L1)


初めてバスの走行音を録音したのがこの路線でした。
車内音声が更新前であるところと、現在では杉並支所がこの系統の運行から撤退しているので、貴重な音声になのではないかと思います。
信濃町付近までは大人しく走ります。
それ以降はエンジンを常にブン回すような走り方をします。
これぞ、都営バス!!

海老名市コミュニティバス 本郷ルート(相鉄バス 綾瀬営業所)


海老名駅(東口)〜本郷コミュニティセンター
車種:4001(日野ポンチョU:ADG-HX6JHAE)


2014年9月30日限りで運行休止となったコミュニティバスです。
翌日からはこのルートとほぼ同じ経路を通り海老名駅〜寒川駅を結ぶ路線バスの運行が始まっております。

乗用車が行き交うのが精いっぱいの道から制限50km/hの広い道に至るまで多彩な道路を走行する路線なのでメリハリのある走行音が楽しめるのではないかと思います。
海老名市の職員の方が路線廃止の案内を乗客一人一人にしているのが印象的でした。
本郷コミュニティセンターにて
2015年3月29日付で廃止になる大塚支所

都営バス大塚支所惜別企画
「都02 大塚車庫在りし日の音跡」



こちらからお入りください

京浜急行バス 高速海老名線(京浜急行バス 新子安営業所)


海老名駅(東口)〜<直行>〜羽田空港国際線ターミナル
車種:J5314(エアロエース:QRG-MS96VP)


神奈川県の県央部にある海老名駅と羽田空港を結ぶリムジンバス。
今回はその中でも数便しかない直行便で録音してみました。
この日やってきたのは海老名に滅多に現れないミリ波レーダー付きのエアロエース。
エンジンもふそう製ではなくダイムラー製の物で、個人的にはふそうよりも好きな音を奏でてくれます。
海老名駅にて
実は昼間柳沢から乗った時もこの車でした
折り返しは大和操車場行き終車。もう青梅に帰る終車は終わっていました

都営バス 梅70系統(早稲田営業所青梅支所)


青梅車庫〜青梅駅前〜新小平駅前〜柳沢駅前
車種:W-L672(日野レインボーHR:KL-HR1JNEE)
【保管場所:スカイドライブ/ファイル形式:mp3】

都バス好きならご存知の都バス最長路線である梅70系統での録音です。
昼間、柳沢駅前から青梅車庫まで録音した際、大分話声を拾ってしまったのでそのリベンジを図るため、柳沢駅前行きの終車に乗車しました。
終車という事もあってか、昼間に比べると車内環境が大分良く、いい音が撮れたのではないかと思います。
青梅と言えども、そこはやはり都営バス...
途中からブン回すような走り方に変わってきます!
これぞ、都営バス!!
片道1時間30分の長旅!路線図です(pdfファイル)

※青梅支所管内は、都バス唯一の「後乗り前降りの後払い」運賃多区間方式を採用しています※

都営バス 業10出入系統(深川自動車営業所)


深川車庫前〜豊洲駅前〜勝どき橋南詰〜銀座四丁目〜新 橋
車種:S-T204(いすゞ自動車エルガ:PKG-LV234L2)
録音年月日:2015年11月13日
【保管場所:スカイドライブ/ファイル形式:mp3】


業10系統は、業平橋駅(現:とうきょうスカイツリー駅)から豊洲・銀座経由で
新橋までを結ぶ路線です。
テレビなどで見かけるいわゆる「銀座」の風景でお馴染みの中央通りも経由するので、この系統に乗ればバスの車内から眺めることが出来ます。
(※1.混雑回避の為、夜20時以降に経由。それまでの時間帯はその一つ裏の外堀通りを経由します※)
(※2.中央通り経由での運行時間帯は、新橋駅前ロータリー発着※)

そんな少し変わった顔を持つこの系統ですが、深川が運行を受け持っているので車両の出入庫の関係上、深川車庫発着の便も存在しています。
(この場合は、豊洲駅前が分岐点となります)
今回はその車庫発着便での録音でした。
花金の夕方という事もあり、正直言えばダメ元での録音だったのですが…運良く良い環境で録音することが出来ました!
また、今回はiPhoneのボイスメモ機能での録音を試してみました。
1台ではただのモノラル録音となってしまいますので、携帯電話として利用している個体と普段音楽プレーヤーとして使用している個体の2台をそれぞれ手に持ち、それぞれ録音したファイルを合成してステレオ化しています。
どうなるものかと思っていましたが、案外臨場感があるような…ないような。。
とにもかくにも是非お聴きください!
回転数もグリーンゾーン内で収める運転をなさっている方だったので、凄くふんわりした乗り心地でした…
ザギンの真ん中を通ります路線図です(jpgファイル)
ほぼ新橋駅前なのに、停留所名は新橋というちょっと変わった系統
側面案内表示
新宿駅西口で一休みするA代
A代からサボ受けがなくなっちゃいましたね…

都営バス 王78系統(小滝橋自動車営業所杉並支所)


王子駅前〜大和町〜高円寺陸橋〜新宿駅西口
車種:D-A595(いすゞ自動車エルガ:QPG-LV234L3)
録音年月日:2016年2月2日
【保管場所:スカイドライブ/ファイル形式:mp3】

都バス好きならご存知の都バス23区内最長路線である王78系統での録音です。
この系統は王子駅と新宿駅の間を環状道路の一つである都道318号線(環七通り)を経由して結ぶ長距離路線なのですが、
環七通りが都区内における主要幹線道路ということで渋滞解消のために至る所で交差点が立体交差化されています。
なので、あるところを陸橋で交差点をまたぎ、陸橋を降りたところで側道と合流し、その合流地点の側道側にバス停があり、バス停から出て本線へ戻る…
というとてつもなくアクロバティックな運転を要求される路線でもあります。

そういう環境なためか、なかなかエンジンをブン回して走らざるを得ないようで…
なかなか聴き応えのある走行音となっています。

録音した車は杉並支所最新鋭(録音当時)のA代のエルガ。
エルガらしい爆音を轟かせて環七を爆走する様子をお楽しみください。

ひたすら環七を走る路線図です(jpg)

都営バス 王78系統 終車
(小滝橋自動車営業所杉並支所)


新宿駅西口〜高円寺陸橋〜大和町〜王子駅前
車種:D-K622(日野レインボーHR:KL-HR1JNEE)
録音年月日:2016年1月11日
【保管場所:スカイドライブ/ファイル形式:mp3】


さて、新宿からは杉並に蔓延るモヤシで王子へ帰るとしましょう。
乗り込んだのは新宿からの終車。
土休日の終車なのでどうなることかと思いましたが…

もう、それはそれはエンジンを回して爆走する運転士様に当たりました(((

新宿駅を出たバスは、高円寺陸橋まで青梅街道を走るわけですが、
既にそこから爆走モードで唖然としました。。

ヒーターの音が少々気になるかもしれませんが、それに負けないくらい爆音を立てて走るエンジン音をお楽しみください。

板橋中央陸橋(1)南常盤台バス停への入り方と本線への戻り方
新宿行きは本線から側道へ入り、2車線またいで本線へ戻り陸橋を渡るというアクロバティックさ。
野方アンダーパス(2)野方駅北口バス停への入り方と本線への戻り方
新宿行きは、陸橋を降りて側道へ入り、バス停で客扱いを行った後、陸橋からの下り勾配でスピードが乗った乗用車の合間を縫って本線へ戻り、アンダーパスへ。
側面案内表示
新宿駅で一休みするモヤシ

HPのトップに戻る